石材の種類と特長

稲田

稲田 [茨城県]

笹間市稲田にある通称石切山脈と呼ばれている地区を中心にした山地一帯で採石されていますので、正式には稲田白御影石(いなだしろみかげ)とよばれています。色調が綺麗な石材で目は粗く、柄・組織が均一です。色は特に白く、暑さ寒さなどの温度変化に強く、硬く、耐久性があるので、割れにくく、艶がよく出ます。硬質な石なので吸水性が少なく、色ムラが出来にくく、風化しにくいため、石の輝きが保たれます。 また水晶が含まれているので光が当たると輝き、遠くからでも見栄えがします。最高裁判所、国技館、東京駅など日本を代表する建物でも使われています。

青光石

青光石 [福島県]

花崗岩系統、青葉系の中目石。硬質な石で艶が長持ちする良い石材です。墓石用、外柵や本体材に用いられています。北は秋田から、南は関東および静岡辺りまで出荷されています。石目は均一で、あっさりとした青みが特徴の青御影石なので、近年広く使用されている人気石種です。

深山ふぶき石

深山ふぶき石(みやまふぶきいし) [福島県]

花崗岩系統、福島県船引町のあぶくま山系で採石されています。青みの濃い中目の花崗岩で、中に長石が吹雪が舞うような美しい紋様が見えます。艶が長持ちし、変色しにくい石材です。柄・組織の均一性に優れており、品質が安定し、埋蔵量も豊富にあり、安定供給されております。

都石

都石(みやこいし) [福島県]

花崗岩系統、田村郡都路村で産出されることから名付けられました。石質が岡山県の北木石細目に似ており、荒目と細目の石目があります。墓石や外柵、記念碑、各種モニュメント等のほか、長尺・大材の採掘が可能なので鳥居材などの大材にも使われます。御巣鷹山の日航機慰霊碑にも使用されています。

白馬みかげ

白馬みかげ(はくばみかげ) [福島県]

花崗岩系統、福島県浪江町・白馬山で採掘されています。美しい石目と色むらの少なさが大きな特徴で、石質が硬く吸水率が低いため、ツヤがとばないという特徴があります。また、その堅さで耐久性は群を抜いています。潮風に強いという利点から、九州や山陰方面にも出荷されています。石塔から外柵まで同じ共石で作ると価格的にもお手ごろでおすすめです。