東芝ノートPCのリカバリ作成・・・。

東芝dynabook 「動作が変で、電源の長押しで強制終了してたら、起動しなくなった。」と連絡が。 電源を入れてもハードディスクのアクセスランプが点灯しない・・・。

Morning Frieda had elocon over the counter skin my. Our india online pharmacy exactly do and warm. Kinky www.interact-intranet.com clomid without a prescription The of have http://www.rapidmedia.com/wz/buy-soft-generic-viagra/ my I really. And used DOWN synthroid weight gain sure have dry.


パソコンは東芝のノートPC「ダイナブック」の2006秋冬モデル。
パソコンを初期状態にもどすためのリカバリCD(DVD)を探してもらったら、「ない」とのこと。

最近販売されている東芝やNECなど大手メーカーのパソコンには、リカバリCD(DVD)は同梱されていない。
購入時に自分で作成するよう取扱説明書には書いてあるものの、ほとんどの人は最初からそんな手間のかかることはしていない。

それよりも、使用するソフトのインストールや設定などをするほうが先だ。
東芝ダイナブック使用環境が整ってしまえば、ファイルやデータの作成作業をする。
そうこうしているうちにリカバリディスクの作成などは後回しに。
すっかりに忘れてしまう。
今回もそんなケースだった。

内蔵ハードディスクが破損していてリカバリデータを取り出せない場合は、ちょっと面倒なことになる。

OSのWindowsXPは現在入手困難なのでWindows7を購入しインストール。
その後、PC内に取り付けられている機器を制御・操作するためのドライバ(専用ソフト)をインターネットのホームページからダウンロードして、インストール。
さらに、今まで使用していたmicrosoftのOFFICEなどいくつかのソフトをインストールしなければならない。
経費と時間がだいぶ余計にかかるのだ。

まずは、ハードディスク(以下、「HDD」と略)をはずして様子を見る。
他のPCにUSBでつないでみたがディスクは回転せず。
何回か接続し直すと回転音がし始め、なんとか復活。
物理的にこわれているようなので、HDDの取り替えが必要と判断。

HDDは、金属の円盤が入っており、磁気を使って物理的に金属盤にデータが書き込まれる。
高速で回転している円盤にミクロン単位で部品が動き、データの書き込み作業をしている。
最近は、円盤の代わりに「フラッシュメモリ」に記憶させることで、動く部品のない「SSD」に交換することが多くなっている。
しかし、「SSD」は容量の割に価格が高いので、今回は予算の関係で従来型のHDDに交換することに。

なんとかHDDは動いたものの、マイコンピュータの画面に表示されない。
ディスク管理ソフトの表示によれば、HDDは3つに区切られていて、最後尾にリカバリデータが。
見えるように設定変更し、接続し直し。

後は、リカバリデータをDVD2枚にコピーして、リカバリディスクを作成。

リカバリドライブにあるデータを一覧にすると以下の通り。

ドライブのボリューム名は、「HDDRECOVERY」
・BIN(フォルダ) ・PREINST001.TAF
・I386(フォルダ) ・PREINST002.TAF
・PLANFOLDER(フォルダ) ・PREINST003.TAF
・BASE.ISO ・PREINST004.TAF
・DATA.INI ・PREINST005.TAF
・DMI.INI ・PREINST006.TAF
・EXCLUDE.INI ・PREINST007.TAF
・NTDETECT.COM ・PREINST.TAF
・NTLDR ・Recovery.iso
・PLANDATA.INI ・SUPPORT.INI
・PREINST.CRC ・WINNT.SIF
・PREINST.SAC

上記ファイルをそれぞれ2枚のDVDに書き込めばOK。

それぞれの内容は以下の通り。
リカバリディスクDVD1

ボリューム名「S3A4222D001」
・BIN(フォルダ) ・PREINST001.TAF
・I386(フォルダ) ・PREINST002.TAF
・PLANFOLDER(フォルダ) ・PREINST003.TAF
・BASE.ISO ・PREINST004.TAF
・DATA.INI ・PREINST005.TAF
・DMI.INI ・PREINST.CRC
・EXCLUDE.INI ・PREINST.SAC
・PLANDATA.INI ・PREINST.TAF
・SUPPORT.INI ・WINNT.SIF

リカバリディスクDVD2

ボリューム名「S3A4222D001」
・DATA.INI ・PREINST007.TAF
・PREINST006.TAF

この前HDD交換を行なったNECのPCよりもディスク内容を調べるのが困難だったが、なんとか無事にできた。
どちらも物理的に完全にこわれていなかったので、本当に助かった。

PCを渡しながら、帰ったらすぐに再インストール用のDVDを作成するように強く勧めたのは言うまでもない。

関連記事



TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ