焼香で手にした抹香は・・・。

数珠

葬儀会場で焼香する場合、前の人を見て同じようにすることが多いのだが、実は宗派によって、香をつまんでからの作法が違うようだ。

基本の作法は、というと・・・。



まず、焼香には、座って行なう「座礼」、祭壇に向かって立って行なう「立礼」、読経中に香炉を盆に載せて参列者に回して行なう「回し焼香」がある。香気によって霊前を清め、霊や仏を供養するという意味があるそうだ。

香にも棒状の線香と粉末の抹香があり、一般的に通夜・葬儀、法要などでは抹香を用いることが多い。

では、立礼の場合の基本。

・遺族に一礼

・焼香台の手前で祭壇に一礼

・焼香台の前に進み、右手の親指、人差し指、中指の3本で抹香を軽くつまむ

・頭を軽く下げて、つまんだ抹香を額や目の高さまで掲げる(浄土真宗は、東本願寺派・大谷派ともに掲げない)

・そっと香炉に落とす

・遺族と僧侶に一礼して戻る

抹香を焚く回数を表にすると下のようになる。

 宗 派  抹 香
天 台 宗 1回または3回
真 言 宗 3回
臨 済 宗 1回
曹 洞 宗 2回
浄 土 宗 1回または3回
浄土真宗本願寺派 1回 (抹香を掲げない)
浄土真宗大谷派 2回 (抹香を掲げない)
日 蓮 宗 1回または3回
日 蓮 正 宗 1回または3回
   

喪家の宗派に合わせる必要はなく、自分の宗派の回数で構わないし、参列者が多い場合は1回で済ませてもよいようだ。



TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ