アナログテレビで地デジ・・・。

地デジカ
2011年7月24日で終了するアナログテレビ放送だが、まだ健在なアナログテレビを使い続ける方法のひとつとして、専用の地デジチューナーを使うのはどうだろう。

アナログテレビで見ていても、デジタル放送を受信しているので、各放送局の番組一覧表や字幕放送も表示可能。
アナログ受信でありがちなゴーストやノイズ混じりの見づらい映りもなくなる。

チューナーは、衛星放送に対応していない地上波専用であれば、実売価格7,000円前後の製品が多いようだ。
現在、新潟総合テレビやNT21、TenyなどUHF波が受信できていれば、アンテナを替えなくても良い。

接続は、今使用しているテレビからアンテナケーブルをはずし、チューナーのアンテナ入力端子につなぐ。
ケーブル接続端子の形状が違っていたら、端子形状に合った端子を電気店で購入する。

続いて、黄(映像用)・白(左音声用)・赤(右音声用)のケーブルをチューナーの端子に挿し、もう一方をテレビのビデオ映像・音声入力端子につなぐ。
テレビがモノラルの場合、音声入力端子は1つしかない。その時は、映像用と音声用の2本に分ける必要がある。
まず、黄色の映像用のみをチューナーからテレビにつなぐ。次に、ステレオをモノラルに変換する音声ケーブルで音声端子を接続する。

電源を入れて、テレビの入力を切り替えれば地上デジタル放送が今のアナログテレビに表示される。
チャンネル操作や音量調節は、チューナーに付属するリモコンで行なうことになる。

ただし、ここで注意しなければならないのは16:9で放映されている放送番組を試聴する場合。
アナログテレビの画面比率が16:9のワイド画面であればそのままで良いが、4:3の画面比率のテレビの場合は、上下に黒い帯の入った映像か、左右をカットした映像を拡大表示するかのどちらかを選択する必要がある。

チューナーを購入してコンセントが足りなくなっても、タコ足配線は危険なのでやめましょう。
電気店に電気配線工事をしてもらえば、火災の心配もなく安心。

いずれやって来る地上アナログテレビ放送の終了、チューナーの導入で早めに地デジ化対応はどうでしょう。
地デジについてもっと詳しいことは、総務省のホームページへどうぞ。

関連記事



TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ