鴨居(かもい)と長押(なげし)。

長押
和室が住宅から消えていっている。

最近、建て直した知人の家にも和室がない。だから・・・。



「長押を知らない50代・60代の人がいたので驚きました。」と金物のフルサワ(三条市本町4・中央商店街・tel:0256-32-0554)の古沢社長は話す。

日本間は洋室より作るのに手間がかかり、洋室中心の住宅を建築する場合は和室用材料を別に用意する必要がある。

生活様式の変化に伴い、和室は減少気味。

それにしても10代・20代ならともかく、50代・60代の人なら、ほとんどの人が和室で暮らしていたはず。

親から「敷居を踏むな!」とか「鴨居にぶら下がるな!」と叱られた事もあると思うが。

「50代・60代の人には、敷居や鴨居は常識の範囲内と思っていたのに、意外でした。」と、古沢社長。

一般的に、和室の開口部には、横にスライドする障子やふすまなどの引き戸や引違い戸をはめる。

上部には、戸をはめ込むための溝が彫られた横木である鴨居、下にも同様に敷居を使う。

長押は、鴨居の上にかぶせたり、側面に取り付けたり、柱と柱の間をつなぐように渡して壁に取り付けた横材のこと。

住宅の長押は、本来の構造的なものから装飾的部材に変わってきた。

だから、和室に額などを飾る場合は、長押に傷を付けないよう「長押かけ」をつけ、そこに額を挟み込む。

長押かけの額

洋室の場合、長押がないので、壁に吊り金具を取り付けることになる。

その場合に使うのが、吊り金具をはずしても取り付けに使った穴が目立たないように、釘やビスを使用しないタイプ。

つり下げる額の重さによるが、細いピンを数本使うので、少しケバだった表具なら、取り外しても、ピン穴はほとんど気がつかないほど。

長押かけ、壁用吊下げ金具ともさまざまなタイプがある。

また、どこに何を下げるかによってどれを使えば良いか決まる。「ぜひご来店下さい。

相談しながら、店頭で実物を見ていただくのが一番です。」との事。

なお、店内には、メーカーからカタログ代わりに送られてきた、製品の貼り付けられた古い額が、そのメーカーの長押かけを使って飾られている。

「金物のフルサワ」の店内に所狭しと並ぶ、ホームセンターにも置いてないような、いろいろなものを眺めるだけでも面白いはず。

関連記事



TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ 
..vital-kliniken.de.. Wenn der Bär als Mutter-Totem nehmen, können die Ainu Japan verstehen, wenn sie sagen, ihre frühesten Vorfahren einen Bären gesäugt wurde. In diesem https://www.vital-kliniken.de/finasterid-ohne-rezept-bestellen.html Fall war die Totemic Mutter eine Bärin, und die Tatsache, auswendig gelernt wurde, als zur website die Ainu Frauen den jungen Bären https://www.vital-kliniken.de/priligy-generika-schweiz.html gesäugt, levitra rezeptfrei in polen die auf dem jährlichen Festival gegessen getötet und feierlich wurde.