家族葬、密葬、直葬とは・・・

葬儀花写真
故人とのお別れに集中したい、参列者との対応に追われることなくゆっくりと故人とお別れしたい、などという理由で家族葬や密葬が増えている。では、その違いは・・・。

一般的に「家族葬」とは、広範囲に人を呼ばないで、家族中心で葬儀を行うこと。
県央地域では、故人の年齢が高く、友人や会社関係者などが少ない場合などは、あまり大げさにしないで、家族・親族のみで行なう小規模な「家族葬」が多いという。

家族葬の場合は、家族・親族など参列してもらいたい人にだけ案内をする。
その他の人には、「勝手ながら葬儀は身内のみで行ないますので、ご会葬・お供物はご辞退させていただきます。」などと告げる。この場合の「お供物」には香典や供花、供物が含まれる。

案内を受けた場合は、香典を包んだり、供花・供物をあげることになる。通夜、葬儀・告別式、精進落としまで出ることを考えると、香典は、故人との付き合いの深さにもよるが、最低でも2万から3万円くらいだろうか。
実際には、地域やしきたり、その家とのつながりにより違いがあるので、葬儀社や知り合いなどに確認する必要がある。

「密葬」は、後日「本葬」を行なうことにして、前もって身内だけで葬儀を済ませること。
本来は、葬儀が年末年始にかかる場合や、故人が著名人などで多くの参列者が見込まれる場合、あるいは社葬など大きな葬儀を行なう前に、密やかに親族のみで火葬を済ませることで、後日「本葬」をすることが前提。したがって、「本葬」は遺骨で行なうことになる。

しかし、最近では、一般の方に知らせず葬儀を行なう「家族葬」も「密葬」と呼ぶようになっているようだ。

都会では、亡くなった人を自宅に連れてこないで、直接斎場に運び込み、そのまま斎場で葬儀を済ませる「直葬」も増えているという。
法律では死後24時間経過しないと葬儀はできないことになっている。だから、県央地域では、丸1日間も遺体を置いておく葬儀会場を設置している斎場が無いので「直葬」はできない。

直葬は、例えば都会での孤独死や事件に巻き込まれて亡くなったなど、葬儀あるいは亡くなった人がいる事を知られたくない事情がある場合が多いという。

関連記事



TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ