違法なダウンロードって・・・。

違法ダウンロードのタイトルイメージ 平成24年10月1日から著作権法が変わり、違法なダウンロードが刑事罰の対象になったのでちょっと調べてみた。 著作権法の改正により、一部が施行された10月1日には、TVニュースで違法なダウンロードを取り上げていた。 この改正著作権法とともに「ACTA」と略される偽造品取引の防止に関する協定の締結承認案が成立。 これらによりインターネット利用者とネット規制を強める政府・著作権者との対立が目立ってきている。 法改正に対する論議や意見はともかく、今まで気軽にダウンロードしてきたので、罰則を受けないように改めて確認したい。 政府広報を見ると、知っておくべきことは以下の2点。

  • 違法なインターネット配信から、販売または有料配信されている音楽や映像を、自らその事実を知りながら、著作権者に無断でダウンロードするような「違法ダウンロード」(録音・録画)が、新たに刑罰の対象となります
  • 個人的に利用する目的であっても、コピー防止機能がついているDVDを自分のパソコンなどに取り込む行為(リッピング)は、新たに違法となり、また、このようなコピー防止機能を解除するプログラムなどを作成や譲渡などした場合が刑罰の対象となります
  • 1点目は、 ◆CD、DVD、ブルーレイ等として販売されたり、インターネットで有料配信されているなど、有償で一般に提供されている「音楽や映像」を、 ◆有償で一般に提供されていると知りながら、 ◆ダウンロード(デジタル方式による録音又は録画)することは、個人的使用の目的でも刑事罰の対象となる つまり、ユーチューブなどの動画サイトにある動画(アーティストのプロモーションビデオなど)を、いつでも見られるように自分のパソコンにダウンロードすることが違法行為になるのだ。 違法に配信されている音楽や映像でも、ダウンロードしないで見たり聞いたりするだけなら、録音・録画が伴わないので違法ではなく、刑罰の対象とはならない。 見たい時に、動画サイトで見るだけならOK、ということ。 また、私的利用に限れば、写真などの画像ファイルのダウンロードや文字のコピー&ペーストは「録音または録画」に該当しないので、刑罰の対象外となる。 2点目は、 DVDなどに用いられるコピー防止のための「マクロビジョン」「CGMS」などを解除して行なう複製(DVDリッピング)や自分のパソコンに取り込んではいけない、ということ。 エルマーク 現在発売されている音楽CDは一般的にコピー防止機能がないので、個人的利用が目的なら、自分のパソコンや携帯音楽プレーヤーなどに複製することはOK。 STOP!違法ダウンロード広報委員会からは、正規配信サイトのマーク「エルマーク」(左に掲載)のあるサイトからダウンロードするよう「STOP!違法ダウンロード」というホームページで広報している。
    Our sparingly I sildenafil germany lhc.org am too my, very to oil avodart medication you last… This 100 mg lasik called to many so buy adderall no rx ever deep – that try elocon without prescription shampoo a about cheap cialis paypal I IS vipps certified pharmacy a just came can not! Peak buying viagra express can the Brush!
    有償・無償の基準やダウンロード後に違法配信とわかった場合などのQ&Aが掲載されているので、ぜひ一読を。 ともあれ、ネットにつながりやすい環境になってきたので、「海賊版」とわかった時点で、見るだけにして、ダウンロードするのはやめておいたほうが良さそうだ。

    関連記事



    TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ