レクチェのジェラートの他にも・・・。

農園茶屋「「たばた」のイメージ ル レクチェなどの果物を使ったジェラートを販売している西村農園から新製品が出た、と連絡。 それは、・・・。 西村農園(西村修市園主)では、以前から、自園で収穫した果物をジェラートに加工して販売している。 数種類をまとめて「果ジェラート」と名付け、小売店にも卸している。 そのうちの1軒は、「果ジェラート」ののぼりが立っている花スタジオ(三条市本町2丁目大通り・三条信金中央支店並び、電話0256-32-7080)。 新発売のヨーグルト・ジェラート
8種類のジェラート 西村農園では、この春、飲食施設として農園茶屋「たばた」(加茂市前須田315、電話0256-47-1130)をオープン。 ジェラートのファンからの、ゆっくり飲んだり食べたりできるスペースが欲しい、との要望に応えた形だ。 オープンにともない、スープパスタなどの食事メニューを新しく増やした。 さらに、コシヒカリ米粉100%パンでおなじみのケンリッチ(三条市東本成寺302-1、電話0256-36-2134)とのコラボも実現。 農園で収穫されたレクチェを使ったパウンドケーキや和梨のパイが、スウィーツ好きに人気。 さらに米粉シューやライスドーナツも提供している。 「実は、大のスウィーツ好きなんですが、人通りの多いお店には入りにくくて。」という熱烈なリピーターの男性客も。 詳しいメニューは、西村農園のホームページで。

synthroid without insurancecialis rush deliverymeloxicam 15 mgonline xanax no prescriptionviagara www.mehaceruido.com
オープン時には、6種類だったジェラートが、その後「越後姫」を追加。 そして、この度、すっきりさわやか夏向きの「ヨーグルト」が新発売。 ちなみに価格はいずれも250円。 ジェラートをシフォンケーキに載せたり、あんこをジェラートに載せたり、というお客様のわがままにも快く応じてくれる。 アイデアマンの岩井店長自身があれこれと試作を繰り返しながら、納得のいったものから新メニューとして採用している。 新メニューがどんどんと誕生しているので、入り口にある看板に手書きで記入。 まず、新メニューをチェックしてから、店内にどうぞ。

関連記事



TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ