信濃川河川敷の枝豆。

枝豆のイメージ 例年、7月が近づくと枝豆の出荷が始まる。 今年はどうかと訪ねたら・・・。 昨年7月の新潟・福島水害で信濃川河川敷は、冠水。 こだわりの枝豆で全国にも知られている伊部農園さん(伊部利一園主)を訪ねてみた。 今回、早生種を植えたのは、水は引いて行っても泥が60cmも残った土地。 土を成分を分析してもらい、成分構成は問題ない、との結果に安心して苗を植えた。 ところが、丈はいっこうに伸びず、ついている実も成育状態にばらつきがあった。 成分を再検査して詳しく見てもらったところ、量に問題はないが、枝豆にとっては吸収しづらい構造になっている、とのこと。 肥料を入れたりして、土壌改良をすれば大丈夫だが、今育っている苗があるうちは作業ができない。

lasix no prescription canada www.musicianwages.comno prescription cialishttp://www.wespreadtheword.net/calr/over-the-counter-same-as-spironolactonebrand viagra with fast delivery
収穫したところ、市場に出せる実は、従来の10分の1程度。 しかも少し食味も落ちているようでは、とても売ることはできない、と判断。 毎日、伊部さんの枝豆を楽しみにしている人たちが買いに来るが、事情を話して断っている状態。 なんとも悔しい話だが、泥の影響の少ない畑に植えた次の苗に期待することに。 したがって、伊部さんの枝豆が食べられるのは、早くても7月中旬から。 キャベツ畑 枝豆の成育には向いていない泥をかぶった畑だが、葉物には適しているらしい。 葉物の代表格、キャベツはぐんぐん成長し、収穫量も多い。 ところが、市場ではキャベツが大豊作で、価格も下がり気味。 なんとも皮肉なことだが、自然が相手ではしょうがない、と伊部さん。 畑の土壌を改良しながら、枝豆の栽培をすすめていくとのこと。 情けないが、食べるだけのこちらとしては、7月中旬から9月下旬まで時期によって種類の変わるそれぞれの枝豆の豊作を祈るばかり。

関連記事



TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ 
..vital-kliniken.de.. Welches Tier wurde auf dem Totem der Mutterschaft oder die Gruppe Männer würden https://www.vital-kliniken.de/priligy-anwendung.html abhängen vertreten. Und hier behauptet, dass zum ersten Mal eine cialis rezeptfrei per nachnahme andere, hier die mehrere levitra 10 mg ohne rezept bestellen Pfahlwurzeln Totemism berühren.